家づくりは何から考えればいい?

結論からいえば、どういうライフスタイルをおくりたいかの優先順位を考えることでしょうか。

その下地として、今の家づくりにまつわる状況をお知らせしたいと思います。

新築でもリノベでも一緒ですが、家づくりには三つの大きな柱があります。
耐震性という構造のこと、性能という省エネ、快適性のこと、そして家族がどう暮らしていきたいかの、夢の実現の部分。

前者ふたつは技術的なことです。いくつもの震災を経てその都度改正されている建築基準法のレベルで建てるというのは一般的ですが、耐震強度を1.5倍にしたいなどの要望はかなえられます。
わたしはコストのことも考えて、選べるならやっぱり強固な地盤が先かなと思っています。

次に快適性のこと。これは最近、高気密高断熱住宅の技術が大変進んできているので、昔に比べて木造は寒い!は過去のもの。
エアコン1台で冬も夏も快適に暮らせるようなおうちを建てることができます。
ただしこれもレベルがいろいろあります。例えば「Q1住宅」(これは断熱性能のレベル)を目指すと、家じゅうの温度差が1℃未満で大変すごしやすい家になります。

これは構造強度に比べて、特に冬場にその快適性のありがたさを肌で感じられます。
また光熱費のランニングコストもおさえることができます。
建築コストはレベルに対応して上がっていきます。

これに関して設計者は、日射の取入れ方、遮り方、また風の流れなどを考慮して開口部を考えていきます。

けれど、わたしたち設計者の一番の力のみせどころは、その家族だけのための空間の提案です。
「そんなこともできるの」と思って頂けるいろんなアイディア。
理想の家族関係をバックアップする空間構成。
住んでみて初めて感じられる心地良さなど。
たくさんの経験といっぱいのコミュニケーションでひとつひとつの答えを一緒に探し出していく。
前述の二つの技術的なことも、話し合っていく中で決まっていきます。

限られた予算をどの部分に多く割くかは千差万別。
そのご家族にとって何が一番大事なのかを将来のことも見据えて、じっくり考えることが大切です。
何工法がいいとか、このやり方しかないとか、今は情報が多すぎます。
何にでもメリット、デメリットがあり、どれを選びとっていくかは正しい知識を得た上で、自分がすまいに何を望んでいるかを確認していくことが重要です。

そんなみんなのパートナーになって、寄り添いながらオンリーワンの住宅を造っていければ、わたしたち設計者は幸せだなと思っています。

そして、出来上がったものがおしゃれで、カッコ良くなくっちゃ!(^^)!

2016.8.18/ブログ

コメントは受け付けていません。


電話

お問合わせ

↑ Page top
PAGE TOP